つけ麺

松戸で大勝軒と言ったらココ!松戸駅西口のラーメン・つけ麺のお店「松戸大勝軒」のもりそばがやっぱりウマい!

つけ麺
この記事は約4分で読めます。

今回ご紹介するのは松戸駅西口徒歩3分のところにあるラーメン・つけ麺のお店「「松戸大勝軒」」です!

スポンサーリンク

「松戸大勝軒」の特徴

大勝軒の代名詞といえばもりそば!

お亡くなりになった東池袋大勝軒の生みの親、山岸さんが遺した最高傑作ですよね!

↑この写真の場所が東池袋大勝軒、左の方が山岸さんです。

余談ですが、東池袋大勝軒の閉店の日にもりそばを食べに行って3時間ほど並んだのはいい思い出です。

「松戸大勝軒」でおすすめしたいのもやはりまずはもりそば!

他にも「松戸大勝軒」ならではのいろいろなメニューがあるのですが、まずはもりそばを食べてほしい!

もりそばというのは他のお店で言うところのつけ麺のこと。

大勝軒ならではの甘辛く酸味のあるつけタレが特徴的です!

またまた余談ですが、松戸の有名店「中華蕎麦 とみ田」のルーツは大勝軒。

「中華蕎麦 とみ田」が派生とするなら「松戸大勝軒」の味が本家。

「松戸大勝軒」と「中華蕎麦 とみ田」の両方を食べ比べると
「この味がこう変化させたのか!凄いな~!」
と楽しめます。

そんなことをしなくても「松戸大勝軒」、美味しいので一度食べてみてくださいね!

「松戸大勝軒」のここがGood!

  • 変わらぬ大勝軒の美味しいあの味が食べられる!
  • 安いのにボリュームがある!
  • 注文しなくても食べ終わった頃に出てくる割スープが凄い!

「松戸大勝軒」のここがBad!

  • ちょっと入りづらい

「松戸大勝軒」を食べてきた感想

さぁ、やってきました!「松戸大勝軒」!

このお店に最初に来たのはもう10年以上前。オープン直後の時でした。

その後も何度か定期的に食べに来ていますが、オープン直後はオペレーションが上手くいっておらず
麺がふにゃふにゃだったり、やけに酸味が強かったりとブレが多かったのですが、食べるたびに味が安定していったそんなお店です!

まぁ、そんな昔話より今、ですよね^^

それでは入店!

入って左の山岸さんと店主の写真に挨拶。

いやぁ、懐かしいです。

最初の10杯ぐらいは山岸さんが作ってくれるので、よく通いました。
あの包容力、フィンランドでサンタクロースと出会った時と同じぐらいのオーラを感じましたね!

そして入って右手になかなか年代物の券売機があります。

今回はもりそば大盛をチョイス!
大盛で750円とか安すぎます!

山岸さんの「安く、お腹いっぱいになってほしい!」という意志がしっかりと受け継がれていますね!

店内はカウンターのみ。

結構席数があるので満席になることは少なそうです。

そして10分ほど経った頃、もりそば大盛がやってきました!

麺派こんな感じでツヤッツヤ!

量も普通の人は大盛までで十分でしょうね。

スープはこんな感じ!

海苔の上に魚粉が乗っています。

一見何も入っていないように見えますが・・・
煮卵が入っていたり

チャーシューも4枚ぐらい入っていました。

ここはかなり好みが分かれるところかと思いますが、煮卵の黄身・チャーシューも固めです。

私としては大勝軒といえばこの固さでないと。という感じ。

苦手な方は分かった上で来店することをおすすめします!

では、もりそばいただきます!

「うんうん、これこれ!美味しい!」
いやぁ、酸味・塩味・甘味・辛み・コクこの全てがかわるがわるやってきて「美味しい!」の一言でした!

そしてあることに気が付きました。

「あれっ?麺の硬さバッチリ過ぎる!」
麺の硬さが硬めに調整されていてウマい!

終始、「ウマいウマい」言いながら食べすすめてしまいました(笑)

そして、麺が食べ終わったその時!
「割スープです」
と絶妙なタイミングで割スープが提供!

頼んでいないのに出てくるスタイルは人によっては困るかもしれませんが、私には嬉しかったです!

そして割スープをつけタレにイン!

かなり白めで蕎麦湯を思わせます。

割スープで割ったつけタレがこちら!

味のベースを崩すことなく、すっきりと飲み切れてしまいます。

いやぁ、本当に美味しい!

「松戸大勝軒」さん、ごちそうさまでした!

「松戸大勝軒」の場所・営業時間など

店舗名:松戸大勝軒
住所:千葉県松戸市松戸1277

電話番号:047-315-6134
駐車場:無し
営業時間:
【月曜日~金曜日】
ランチ:11:00~16:30
ディナー:18:00~21:50 (祝日 21:00まで)

【土曜日】
11:00~21:00
定休日:日曜日

他にも体験レポートを書いているので是非読んでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました