松戸市のニュース

【投票あり】五香消防署の53歳の男性職員が職場で女性職員を蹴り全治1週間のけがを負わせ停職1か月の懲戒処分

松戸市のニュース
この記事は約2分で読めます。

2020/03/26、五香消防署の男性職員(53歳)が職場で女性職員を蹴りけがを負わせ停職1か月の懲戒処分を受けました。

この男性職員は五香消防署の主査(消防司令補)で、五香消防署の倉庫で1年目の新人女性職員の右足を左足で蹴り、全治1週間のけがを負わせました。

男性職員は災害現場に出動し、五香消防署に戻った際に車庫のシャッターが閉まっていたことを女性職員に注意。
この時、女性職員の態度がふざけていると感じ暴行したと供述しています。

被害にあった女性職員が上司に報告し、事件が発覚しました。
現在は男性職員は女性職員に謝罪して和解しており、男性職員は1か月の停職処分となっています。

スポンサーリンク

このニュースについて

和解し、被害届が出ていないので事件になっていないだけだと思いますが、普通にパワハラを通り越した傷害事件ですよね。
1か月の停職で済むものではないのではないだろうか。
皆さんの考えも聞かせていただけたらと思います。

男性職員の処分についてどう思いますか?
4 votes · 4 answers

松戸市消防局 五香消防署について

住所:〒270-2218 千葉県松戸市五香西3丁目8−1
電話番号:047-387-0119

このニュースの詳細

同じ消防署の女性職員を蹴ってけがを負わせたとして、松戸市消防局は26日、市五香消防署主査(消防司令補)の男性職員(53)を同日付で傷害を理由に停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。
職場で女性職員蹴りけが 松戸市消防局53歳主査を停職

タイトルとURLをコピーしました