松戸市のニュース

松戸市環境部職員が自転車競技法違反で罰金10万円 戒告処分に

松戸市のニュース
この記事は約1分で読めます。

2021/7/30(金)、松戸市環境部職員が罰金10万円の略式命令を受けていたことが分かりました。

略式命令を受けたのは松戸市環境部参事監の57歳の男性。
事件が起きたのは2019/7/13。
当時、経済振興部参事監だった男性職員は出張先の別府競輪場で車券を購入した。

その後、大分県警から人事課に連絡が入り、大分県警や千葉地検松戸支部が男性職員に事情聴取を実施。
2021/7/30に男性職員対し罰金10万円の略式命令が下った。

その後2021/8/6には法律に違反した、全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあった、信用失墜行為の禁止などの地方公務員法に抵触したとして戒告処分となった。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました