松戸市のニュース

常磐線各駅停車松戸市内4駅の列車とホームの隙間を縮小 車いす・ベビーカーが利用しやすく

松戸市のニュース
この記事は約1分で読めます。

2021年4月20日(火曜日)、常磐線各駅停車7駅の列車とホームの隙間を縮小するために整備が行われることがわかりました。

この整備はホームドア設置に合わせて行われるもので列車とホームの間にくし状部材を設置します。

くし状部材が設置されるのは2号車と9号車の4番ドア乗降口。

松戸市内の常磐線各駅停車の駅では、2021年度中に北松戸・馬橋・新松戸・北小金が整備対象となっています。

2022年度以降に松戸駅も整備されるとのことです。

車いすを利用しやすくする目的での整備ですが、ベビーカーも利用しやすくなって便利になりそうです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました