松戸市のニュース

聖徳大学附属女子中学校・高等学校で新型コロナウイルスの休校措置としてiPadで授業配信

松戸市のニュース
この記事は約1分で読めます。

千葉県松戸市の聖徳大学附属女子中学校・高等学校では、新型コロナウイルスによる休校措置として、面白い取り組みが行われています。

スポンサーリンク

このニュースのポイント!

  • 休校中も生徒が家庭で学習できる環境を学校側が提供
  • 配信される動画は教員が作成
  • 生徒各自が課題に取り組む

このニュースの詳細

聖徳大学附属女子中学校・高等学校(千葉県松戸市)は、新型コロナウイルスの影響による休校で、生徒が1人1台持っているタブレット型端末「iPadアイパッド」を使った家庭学習をスタートしました。生徒たちは、教師が作成した授業の動画や演習問題などの配信を受け、各教科の課題に取り組み、提出します。
iPadで家庭学習、新型肺炎休校で授業配信も…聖徳大女子

タイトルとURLをコピーしました